カテゴリー別アーカイブ: 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク 勉強会

第42回 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会 (2018年9月18日火曜日)

西日本7月豪雨で犠牲になられた方に心よりご冥福をお祈りします。

連日の猛暑が体力と気力を削っていると感じています。みなさまどうか無理をされないように、無事この季節を乗り切ってほしいと思います。

第42回 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会 (2018年9月18日火曜日)のお知らせです。

9月のテーマは【確認中】です。

ぽらんの広場井上診療所 1階 ぽらんルームにて 18時~20時10分 で開催します。

井上先生の手料理もあります。急な参加も大歓迎です。今回は糖尿病療養指導士1群0.5単位認定されています。

興味のあるかたはのぞいてみてください。お待ちしています。

第41回は「血糖の動きと体を動かすことの意味を考える」でした。

糖尿病において運動療法の考え方は、長らく変わらないものでしたが、モニタリングの方法や考え方が進歩して、ちかごろ変化しているそうです。

ジムに行って30分運動する。日常運動量を30分増やす。どちらも血糖を下げることが分かっています。

大きく呼吸しなが全身を使う有酸素運動(ウォーキング等)と、筋肉を増やし強くするレジスタンス運動(筋トレ等)を組み合わせる。だけでなく、

高齢者や動くことが少なくなっている人は、怪我予防でストレッチ、転倒予防で体幹のバランスを整えて運動にはいることが必要と話されました。

運動器を壊さないように、運動すること。運動したごほうびはなにか。(海外では経済格差と運動格差に着目して、駅の測定装置で運動すると無料の乗車券が発行されるシステムもあるそうです。)運動したら痛みが軽減されたもごほうびになりますね。

継続がむつかしい運動療法ですが。療養相談をうける私たちもあの手この手を提案しながら、運動のメリットを伝えていきたいと思います。公衆衛生として運動の環境が整備されることも期待したいと思った勉強会でした。

第41回 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会 (2018年7月17日火曜日)

まず、大阪北部地震で被災された方にお見舞い申し上げます。

犠牲になられた方に心よりご冥福をお祈りします。

ぽらんは被害はなく、今のところ患者さんも被害はないようです。改めて災害時の準備は常に心掛けて行きたいと思います。

第41回 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会 (2018年7月17日火曜日)のお知らせです。

7月は【血糖の動きと体を動かすことの意味を考える】です。

ぽらんの広場井上診療所 1階 ぽらんルームにて 18時~20時10分 で開催します。

井上先生の手料理もあります。急な参加も大歓迎です。今回は糖尿病療養指導士1群0.5単位認定されています。

興味のあるかたはのぞいてみてください。お待ちしています。

 

第40回泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強のテーマは「血糖の動きと人が食べることの意味を考える」でした。食事はエネルギーを摂る、体をつくる、楽しみ、文化‥様々な意味があります。医療は糖尿病の患者さんに「食べ(過ぎ)たらあかん。」と言い過ぎていたのではないか?先生からのメッセージから始まりました。

糖尿病患者にも、誰が何を目的に食事をするのか、個々に考えて食べ方を提案する必要がある。

体重コントロールをしたい人は食べる量(カロリー)、血糖コントロールをしたい人は炭水化物(カーボ)を考えてほしい。楽しく動ける体格を保つことが大切です。

グループワークでは、井上先生が段ボールいっぱい様々なおやつを用意!参加者は食べたいおやつを選び、食べたい量をお皿に盛り、パッケージの食品成分表を見て、お皿に盛りつけた量のカロリーとカーボを計算しました。低カロリーにしては意外とカーボがある(せんべい、和菓子など)、高カロリーにしては意外とカーボは少ない(ポテトチップ、落花生など)等、感想を言いながら楽しく食べました。

私の選んだフランス直輸入バタービスケット&ダークチョコレートは、高カロリー高カーボ(笑)、、、毎日は食べたらあかんと思いました。

食事はどうかな?パンフレット見ながらみんなで話しあいました。

体の栄養はもちろん、心の栄養も大切にした食事を上手に提案していけたらいいなぁと思った勉強会でした。

第40回 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会 (2018年6月19日火曜日)

梅雨に入る前に真夏日がきてしまいました。一方で雨が降って肌寒い日もあります。体調を崩されたかたもおられるのではないでしょうか?

第40回 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会 (2018年6月19日火曜日)のお知らせです。

6月は【血糖の動きと人が食べることの意味を考える】です。

食いしん坊の私にとって食事が楽しみです。できれば間食もしたいタイプです。食べないと働けないタイプです。

そんな私が血糖を持続的にモニタリングすると、しっかりスパイクがありました。祖父が糖尿病の治療をしているので、遺伝子を持っていると予測していましたが…。

わかっていても量なのか、質なのか、タイミングなのか、、、血糖の動きとたべることの意味をみんなで考えたいと思います。

ぽらんの広場井上診療所 1階 ぽらんルームにて 18時~20時10分 で開催します。

井上先生の手料理もあります。急な参加も大歓迎です。糖尿病療養指導士1群0.5単位申請中です。

興味のあるかたはのぞいてみてください。お待ちしています。

第39回 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会 (2018年5月15日火曜日)

ぽらんの庭はお花が満開です。芝桜、藤、モッコウバラぜひ遊びにきてください。

第39回 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会 (2018年5月15日火曜日)のお知らせです。

5月は【糖尿病を捕まえるための検査とは】です。今年4月から保険算定できるようになったリブレプロ、去年9月から保険請求をしているリブレ。採血や尿でみているもの。原点に返りながら新しい情報を発信していきたいと思います。

ぽらんの広場井上診療所 1階 ぽらんルームにて 18時~20時10分 で開催します。

井上先生の手料理もあります。急な参加も大歓迎です。糖尿病療養指導士1群は申請が間に合わず。今回はできていません。

興味のあるかたはのぞいてみてください。お待ちしています。

4月は糖尿病とはどういう状態をいうのかといことで、異所性脂肪、酸化ストレスによるミトコンドリア機能障害、サイトカイン、心理的ストレスと膵臓β細胞の関係。が少しづつ明らかになっていたということを教えてもらいました。ブロッコリースプラウトを食べながら聞きました(笑)

第38回 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会 (2018年4月17日火曜日)

厳しい寒さから、解放されて、心も体ものびやかになりますね。療養相談の話題も、歩きにいこうかなー。お花見行ったよー。患者さんの笑顔が多くなっています。

第38回 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会 (2018年4月17日火曜日)のお知らせです。

今年度のテーマはジョスリン糖尿病センターのジョージ・L・キング先生の「脱・糖尿病の最新戦略」という著書を参考に、糖尿病とはどういう状態をいうのかを考えたいと思います。

4月は【糖尿病をリセットしましょう】です。

ぽらんの広場井上診療所 1階 ぽらんルームにて 18時~20時10分 で開催します。

井上先生の手料理もあります。急な参加も大歓迎です。糖尿病療養指導士1群0.5単位申請中です。

興味のあるかたはのぞいてみてください。

第37回 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会 (2018年2月20日火曜日)

遅くなりましたが、今年も宜しくお願いします。

1月16日は、第37回泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会改め、【今年の夢を語ろう ~お雑煮をたべながら~】をしました。井上先生が用意して下さった白味噌の煮雑煮と、おすましの焼き雑煮をいただきながら、ゆったり話ました。お正月よりもお雑煮を堪能できました。

夢を語ると、その人のバックグラウンドや大切にしているものも見えてきます。健康、家族、仕事、遊びetc。全部は掴めなくても、思い切りよくばって笑顔あふれる2018年にしたいと思いました。

2018年2月20日火曜日は、第37回泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会をします。

【テーマは保険制度をゼロから学ぼう。】

4月に改定があり、保険医協会も忙しい時ですが、講師をお招きまして。健康保険制度、介護保険制度を学びたいと思います。

18時から当院1階ぽらんルームで開催します。井上先生の手料理もあります。急な参加も大歓迎です。日常業務が終わってから、参加できます。興味のある方はのぞいてみてください。糖尿病療養指導士1群0.5単位申請中です。

泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会 (2018年1月16日火曜日)~院長より~

2018年1月

「夢を語ろう」

慢性疾患を持つ人に寄り添うことを仕事にしている仲間の月1回の集いが回を重ねて5年になろうとしています。

いろんな仕事の実際を交流するなかで知ることができました

様々な現場で それぞれの暮らしと思いを抱えて踏ん張っている仲間達でもあります

新しい年を迎えて 今回は 自分の夢 を語り合いませんか

仕事の上の夢  自分自身の夢

夢物語でもいいかも それとも現実的な今年実現したい夢・・・・

おもいっきり大風呂敷もひろげてみませんか

お雑煮をつくってお待ちしています

(今回は認定更新の点数申請はしていません)

 

第37回 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会変更のお知らせ(2018年1月16日火曜日)

12月になり、穏やかな診療が少しづつ慌ただしくなってきました。

体や心が受ける寒さの影響を感じています。年末に向けてお仕事が忙しくなってきた方もおられますね。

先にお知らせをしていました「第37回泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会」は、プログラムを変更させて頂きたいと思います。

テーマは「今年の夢を語ろう」

2018年自分のフィールドでやりたい事、勉強したい事、この人の話が聞きたい等、自由に話せる場にしたいと思います。

そして、泉州糖尿病看護考えるネットワーク勉強会のテーマをみつけたいと思います。18時から当院1階ぽらんルームで開催します。井上先生の手料理もあります。急な参加も大歓迎です。日常業務が終わってからも参加できます。興味のある方はのぞいてみてください。今回は糖尿病療養指導士の単位は申請していません。

これからもぽらんのひろば井上診療所と、泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会をよろしくお願いします。

みなさま素敵なクリスマス、そしてよいお年をお迎えください。

第37回 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会のお知らせ(2018年1月16日火曜日)

今年度の泉州糖尿病看護を考えるネットワークのテーマは、地域支援と連携です。

第37回 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会(1月16日)は、精神障碍者作業所のかたから講演していただく予定です。

18時から当院1階ぽらんルームで開催します。井上先生の手料理もあります。急な参加も大歓迎です。日常業務が終わってから、参加できます。興味のある方はのぞいてみてください。糖尿病療養指導士1群0.5単位申請中です。

第36回 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会(11月21日)は千友ケアプランセンターの佐伯恵子先生に講演していただきました。介護の現場では、保険制度の限界を感じることも多く、役所に相談や確認しながら、規定の枠内で可能な限り援助をするよう努めておられました。ヘルパーもその人のために、どんな目的で、何をしたかを明確にする必要があるんです。と、おっしゃていたのが印象的でした。

医療と連携するときに壁を感じるのは、利用者は「家に帰りたい。」一方医療者は「こんな状態で帰せない。」そう言われると利用者とケアマネは何も言えなくなるそうです。急性期病院の入院期間はどんどん短くなっています。在宅のスタッフも退院が早くなっていると、思うことの方が多いのではないかと考えていたので意外でした。在宅主治医、看護師、ケアマネージャー、ヘルパーが機能して連携をしていると、早く家に帰ってきた方が元気になると話されていました。手術などは在宅ではできませんが、その患者さんを支える在宅チームがどのくらいの医療やケアに対応してくれるのか・・・急性期に関わる医療スタッフが、もっと関心を持って損はないと感じました。

第36回 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会のお知らせ(2017年11月21日火曜日)

今年度の泉州糖尿病看護を考えるネットワークのテーマは、地域支援と連携です。

第36回 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会(11月21日)は、介護事業所のかたから講演していただきます。

18時から当院1階ぽらんルームで開催します。井上先生の手料理もあります。急な参加も大歓迎です。日常業務が終わってから、参加できます。興味のある方はのぞいてみてください。糖尿病療養指導士1群0.5単位申請中です。

第35回泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会(10月17日)は、

耳原総合病院の大矢麻耶先生から【腎臓内科からのメッセージ】で講演していただきました。

糖尿病患者さんが、透析導入になる前に天寿を全うできるようにサポートしたい!と、思う一方で、腎症予備軍からお世話になってて欲しい!と、思います。連携したいけど、腎臓の先生の受診に行けへん?と言ったら、どんな反応するかな、、、と考えることがあります。

腎臓内科の先生は、腎臓病ってなんなん?って病気の質問に始まり。なんで自覚症状ないのに薬増えていくの?薬飲んでもちっとも元気なれへんやん。等、患者さんの気持ちに関わることまで、一つ一つ丁寧に説明されている様子がうかがえました。

「透析になったら終わりやろ。」と、いう患者さんは多くおられます。私たちも合併症を予防したい。

しかし、導入後も元気であるためにと、血液透析をしながらベッド上で自転車をこぐ運動を取り入れる等患者さんを支えるスタッフがいる。また、人生のステージに合わせて患者さんが大切にしているのは何かをききながら、血液透析、腹膜透析、自動腹膜透析、腎移植・・・治療選択できるよう手間暇かけておられる先生の話が聞けて、私自身が元気になった勉強会でした。