カテゴリー別アーカイブ: 未分類

※※※※ 【8月16日(木)~20日(月)】お盆休診のお知らせ ※※※※

8月16日(木)~20日(月)午前診

お盆休診とさせていただきます。

お薬や体調についてご相談のある方は、お早目にご連絡下さい。

ご迷惑おかけいたしますがご協力お願いいたします。

なお、8月20日(月)午後診より通常診療となります。

ぽらんのひろば井上診療所

院長 井上 朱實

【7月6日(金)7日(土)】臨時休診のお知らせ

7月6日(金)7日(土)

臨時休診とさせていただきます。

お薬や体調についてご相談のある方は、お早目にご連絡下さい。

ご迷惑おかけいたしますがご協力お願いいたします。

なお、7月9日(月)より通常診療となります。

ぽらんのひろば井上診療所

院長 井上 朱實

【5月24日(木)~26日(土)】臨時休診のお知らせ

5月24日(木)~26日(土)は糖尿病学会へ参加のため

臨時休診とさせていただきます。

お薬や体調についてご相談のある方は、お早目にご連絡下さい。

ご迷惑おかけいたしますがご協力お願いいたします。

なお、5月28日(月)より通常診療となります。

 

ぽらんのひろば井上診療所

院長 井上 朱實

 

2017年度 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会

2017年度の泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会は無事修了できました。ご参加いただいたすべての方に感謝です。2018年度の計画は追ってお知らせをしていきます。

よろしくお願い致します。

2月の泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会のテーマは、保険制度を学ぼうでした。

医療機関で毎月確認している健康保険証。日本では「誰でも」「いつでも」「どこでも」保健医療を受けられる体制になっています。当たり前の風景ですが、歴史はわずか60年ほどだそうです。さらには高額医療・高額介護合算制度という仕組みもあります。

皆さんも、入院や手術をしたときに明細表をみて、健康保険の有難さを感じたことがあるのではないかと思います。

グループワークでは、診療所では窓口でさまざまな保険証を提示されるので、支払審査機関とのやりとりに苦慮していること。在宅からは、訪問看護に入るとき、医療保険と介護保険の使い分けなども必要であることを教えて頂きました。日常診療で在宅サービスさんと身近に関わっているはずなのですが、知らないことが多く、いつも勉強になります。

2018年も楽しい会にしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

※※※※ 【3月2日(金)~3日(土)】臨時休診のお知らせ ※※※※

3月2日(金)~3日(土)は糖尿病学の進歩へ参加のため

臨時休診とさせていただきます。

お薬や体調についてご相談のある方は、お早目にご連絡下さい。

ご迷惑おかけいたしますがご協力お願いいたします。

なお、3月5日(月)より通常診療となります。

 

ぽらんのひろば井上診療所

院長 井上 朱實

インフルエンザ予防接種【予約が必要です】

【2017-2018 季節性インフルエンザ予防接種 について】

◆期間:平成29年10月21日(土)~平成30年1月31日(水)

 *期間内でもワクチンがなくなり次第終了する場合があります。ご了承下さい。

◆料金:12歳以上〜 3.500円

     ※65歳以上の堺市在住の方 1,500円

*ご希望の方は受付窓口またはお電話にて予約を承ります。

詳しくは堺市のHPをご覧ください。
堺市予防接種

第35回 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会のお知らせ(2017年10月17日火曜日)

今年度の泉州糖尿病看護を考えるネットワークのテーマは、地域支援と連携です。

第35回 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会(10月17日)は、耳原総合病院腎臓内科の大矢麻耶先生から【腎臓内科からのメッセージ】という内容で講演していただきます。

18時から当院1階ぽらんルームで開催します。井上先生の手料理もあります。急な参加も大歓迎です。日常業務が終わってから、参加できます。興味のある方はのぞいてみてください。糖尿病療養指導士1群0.5単位申請中です。

第34回泉州糖尿病看護を考えるネットワーク勉強会(9月19日)は、

【お薬を渡す以外にこんなこともしています】~薬局からの地域連携~という内容で講演していただきました。

街の薬局薬剤師さんが、薬剤が適正使用されて患者さんが地域で元気に暮らせるようにと、奮闘されている様子を教えて頂きました。

気になる高齢者は(本人の了承を得て)地域包括支援センターに繋ぎ、家族に服薬指導をしたり。お薬の配達するときに気になる人の足を観察をしたり。訪問先で体調不良の方を医療機関に繋いだり。それらができるのは、日頃から顔見知りの関係だからこそ。

当院では医療や在宅サービスから距離を置こうとされた方が、薬剤師訪問は受け入れておられて、、見守っていた事例もあります。

薬局薬剤師さんは、患者さんの在宅での様子や、患者さんが医師や看護師には話さない(話せない)思いなども情報を持っておられるのだとわかりました。処方のやり取りだけではもったいない。

大手チェーン薬局も増えていますね。きめ細かなケアをしてくれる薬剤師さんの自由度があればいいなと思いました。

救命入門コースを受講しました(2017年6月22日木曜日)

ぽらんのひろぼ井上診療所にはAEDが置かれています。救命入門参加証

もしもの時、使えるように毎日点検をしています。

AEDパットと、バッテリーの使用期限がせまっていたので、

いい機会だなぁと思い、一次救命処置講習をお願いしました

地域の方と患者会にチラシを配布しましたが、スタッフの参加だけ。救命入門コース

また、是非ご参加ください。

運転免許を取得するするときや、地域自治体などでもトレーニングを受ける機会があると思いますが、

定期的に受けることが大切です。いざという時に動けるように!1人で処置をするのは本当に大変なので、みんなで受けることが大切ですね。

堺市消防局の指導員さんが楽しく、わかりやすく講習してくださいました。ぽらんではNEXTLEVEL の講習も受けたいと思います!